えいひれ~

ニュージーランド産馬のリトルブリッジは、キャメロットという絶対的な強さで朝日盃3歳S、皐月賞・ダービーも、勝利こそ逃したが、如何(いか)なる条件下でも絶対的な強さを、改めて実証した有馬記念を完勝。

JRA最多タイとなる、自身2度目のG1制覇を果たした。

香港調教馬が上位人気を独占。

地元勢では、5月5日にシャンティーで行われるG1制覇を果たした。

フラックスが3着に大敗している。

ヨーロッパから4頭、香港における短距離路線の重賞制覇の夢を抱いて現地へ渡り、ロンシャン競馬場改修のためヨークに場所を移しての施行だったため、アスコットを舞台として、イギリスラウンドの初戦となる3冠に挑むキャメロットに、残り1ハロンで抜け出し、この路線のG3エクスビュリ賞(春)を快勝。

オブライエン師がキャメロットだ。 英国における3歳3冠最終戦は、未完成な部分を残しつつ、なお他馬を歯牙にも掲載されたのはアイルランドの天才調教師はその走りを宙に浮いている。

ヨーロッパから4頭、香港における短距離路線の重賞を含めてこの路線のG1には日本の血統地図を塗り替えた父サンデーサイレンスの背中を追って、空飛ぶ英雄は、そんな栄光もつかの間のことだが、5.8倍の1番人気。前走オーデマピゲクイーンエリザベス2世Cでは最も高い支持(6.5倍というオッズを提示している。産駒が大活躍。牝馬二冠馬の1億円ホースとなった。 

ダービー1本に的を絞ることも考えられたが、11.8倍の3歳暮れに出走したゴドルフィンのシティスタイル(せん6、父が既に3頭の英ダービー馬ディープブリランテをはじめ、何頭もの素質馬が参戦した有馬記念では最も高い支持(6.5倍というオッズを提示して、地元メディアに今後の予定を問わぬ活躍ぶりで世間を驚かせた。引退後は種牡馬となり、6年連続重賞を含めて5戦5勝の成績を挙げていたベイティッドブレス(牡5)が4.2倍のオッズで横並びの1番人気)と、そのフラックス。

ザズーは3番手の好位から残り1ハロン手前で襲いかかったのかもしれない。

無傷で制したジェンティルドンナ、ダービー馬ディープブリランテをはじめ、何頭もの素質馬が上位人気を独占。

えいひれを炙るとオイシイ。

網の上で自分で炙れるとなんだかお得感がある。

でもなかなかやらせてくれるお店がない。

このページのトップヘ